英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>get の使役 使役動詞として



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 get の使役 使役動詞として

 「get」は使役動詞とは異なりますが、使役を表すのに使うことができます。
 しかし、目的語の後には動詞の原形(原形不定詞)ではなく、「to+動詞の原形(to不定詞)」を続けます。
 したがって、この場合の型は<get+目的語+「to+動詞の原形(to不定詞)」>になります。

 We got the doctor to come.(私達は医者に来てもらった。)
 I got her to stop smoking.(彼女に喫煙をやめさせました。)


 また、「過去分詞」を「to+動詞の原形(to不定詞)」の代わりに続けて、「~をしてもらう」という意味でも使うことができます。

 I got my shoes polished.(私は靴を磨いてもらいました。)
 I got this letter translated into English.
 (この手紙を英語に訳してもらいました。)


 ところで、「help」を使って使役を表す場合もあります。
 「help」は「手伝って」という意味ですが、目的語の後には動詞の原形(原形不定詞)と、「to+動詞の原形(to不定詞)」の両方を使うことができます。

 She helped her mother (to) water the garden.
 (彼女は母が庭に水をまくのを手伝いました。)


「get」の使役は口語的です。
 しかし上のように、「努力をして~をさせる」という意味が含まれます。


「get~過去分詞」の用法も口語的です。
 また、「被害」の意味を表すこともできます。
 これも過去分詞の受動的な意味から起こります。

 I got my left leg broken while I was skiing.
 (スキーをしている間に左足を折りました。)








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます