英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>have の使役 使役動詞



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 have の使役 使役動詞

 「have」を、使役を表すために使うことができます。
 「have」の後には目的語が続きます。その目的語の後には、動詞の原形(原形不定詞)を置きます。
 <have+目的語+原形不定詞(動詞の原形)>

 I had my brother paint the wall.
 (私は弟に壁のペンキを塗らせました。)
 We had him report.(私達は彼に報告をさせました。)


 ところで、目的語の後に「過去分詞」を続けて使うこともできます。
 これは、サービスなどを受けるために「(頼んで)~をしてもらう」という受動的な意味を含みます。

 I had the wall painted.(私は壁を塗ってもらった。)
 I had a suit made.(私はスーツを作ってもらいました。)
 I had my hair cut.(私は髪を切ってもらいました。)

 上の例は「(頼んで)~をしてもらう」という意味の他に、「~をさせる」というように「強制」の意味に解釈することもできます。
 どちらの意味になるかは文脈で判断します。


 さらに上と同じ「過去分詞」を使う型のままで、「~をされた」というように「被害」の意味を表すこともできます。
 「使役」の意味なのか、それともこの「被害」の意味なのかについての判断は文脈によります。

 I had my car stolen.(私は車を盗まれました。)


「have」の使役にも、「make」と同様に強制の意味があります。
 「make」よりは弱い強制ですが、普通は目上の人が目下の人に使います。


「have」は意味的に「受動」を表すことができますが、文の型としての受動態はありません。
 つまり「be動詞+ had」のような使い方はありません。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます