英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>過去完了形



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 過去完了形

 過去完了形とは、その名の通り現在完了形の過去形ということです。
 ある過去の時点における出来事の完了を表します。
 そして普通は、「when」や「before」などで過去の時点を示します。
 たとえば、When I arrived at the airport, the plane had taken off.「私が空港に着いたときには、飛行機は離陸していました。」は、空港に着いた「ある過去の時点」において、飛行機はすでに離陸していたという意味です。



過去完了の時間的意味について 過去完了の時間的意味について



 もう1つ例を見ていきます。

 She had smoked before she was twenty years old.
 (彼女は20歳になるまでに、タバコを吸いました。)

 上では、「before」の後が示すある過去の時点よりも以前に、タバコを吸ったことを表しています。

 それから「before」についてですが、上では接続詞として使っています。
 副詞としても使うことができますが、現在完了形と一緒に使う場合は、「現在からみたある過去」という意味でした。
 しかし過去完了形と一緒に使う場合は、それだけで「過去からみてさらに以前の過去」を意味します。

 I met John ten days ago.  I had met Ann before.
 (私はジョンに10日前に会いました。アンにはそれ以前に会いました。)

 上で「before」が意味するのは、ten days ago(10日前)です。したがって「私がアンに会った」のは、その10日前よりもさらに以前ということを表しています。


過去完了形にはある過去の時点における出来事の完了の他に、ある過去の時点からさらに以前の過去というように、単なる時間関係も表します。
 しかしその違いについては区別がしづらいことも多いです。


現在完了形に進行形があるように、過去完了形にも進行形があります。
 これは「過去完了進行形」といいますが、考え方は現在完了進行形と同じで、ある過去の時点までの進行中の動作を表します。
 型は<had been+動詞のing形>で、現在完了進行形の「have」が「had」に変わるだけです。

 Before she was a high school student, she had been playing the piano for ten years.
 (彼女が高校生になる前に、ピアノを10年間弾いていました。)








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます