英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>継続(その1) 現在完了形



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 継続(その1) 現在完了形

 現在完了形の継続とは、ある過去の時点から出来事が継続している状態を表します。
 そこで、動詞も継続(状態)を表すものを使います。たとえば「know」、「have」、「live」、「like」、「keep」などがあります。
 それは、動作を表す動詞を現在完了形で使うと、完了・結果を表してしまうからです。

 I have known him since he was a child.
 (私は彼を子供の時から知っています。)
 I have not seen him since last year.(彼を去年からずっと見ていません。)
 She has remained abroad since.(彼女はその後ずっと外国にいます。)

 上で使われている「since」は、ある過去の出来事の始まり(起点)を指します。
 1つ目の接続詞の他に、2つ目の前置詞(名詞の前に置きます。)や、3つ目の副詞としても使います。
 3つ目の文末におかれている「since」は副詞になりますが、since then(その時以来)という意味です。


 She has been sick in bed for five days.
 (彼女は5日間、病気で寝ています。)
 I have lived here for three years.(私はここに3年前から住んでいます。)

 上で使われている「for」は、起点ではなく「期間」を表します。
 「for」の後には、「名詞」を続けます(「for」は前置詞のため)。


 「since」の時間的流れを図にすると次のようになります。
 たとえば I have smoked since I was a university student.「私は大学生の時からずっとタバコを吸っています。」を例にしてみます。



現在完了とsinceの用法について 現在完了とsinceの用法について



 「since」は起点を示し、そこから現在まで継続していることになります。


 また、「for」の時間的流れは次のようになります。
 たとえば I have lived here for three years.「私はここに3年前から住んでいます。」を例にしてみます。



現在完了(継続)とforとの用法について 現在完了(継続)とforとの用法について




 「for」は期間だけを示します。
 現在完了形は現在から眺めた感じになるので、その期間は現在からスタートします。


 次は比較をするために、過去形で使う「for」について見てみます。
 たとえば I smoked for ten years.「私は10年間タバコを吸っていました。」は、単なる過去のことなので、現在は吸っていないことになります。



現在完了と過去形の比較(forとの共起)について 現在完了と過去形の比較(forとの共起)について




 「for」が表す10年間は、現在と接していません。
 そこで過去の時間帯において、「どこかの10年間」ということになります。


現在完了形の継続用法では、その継続を表すために「since」や「for」がよく使われます。


「for」が表すのは「~の間」というように期間になります。
 しかし、現在完了形は現在から見た過去のことなので、「何年前から」というようにも訳すことになります。
 これは日本語訳にしづらいことの1つです。



現在完了形の3用法は次で解説をしています。
完了・結果(その1)

完了・結果(その2)

完了・結果(その3)

経験(その1)

経験(その2)

継続(その1)

継続(その2)








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます