英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>経験(その1) 現在完了形



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 経験(その1) 現在完了形

 現在完了形の経験は、現在完了形の用法の1つです。
 経験とは、「(今までの間に)~へ行ったことがあります」や、「(今までの間に)~をしたことがあります」などのように、現在までの間に何らかの出来事が起こったかどうかを表します。

 I have eaten frog twice.(蛙を食べたことが2回あります。)
 I have played tennis at the Wimbledon courts only once.
 (ウインブルドンで一度だけテニスをしたことがあります。)

 蛙を食べたのも、テニスをしたのも明らかに過去の時点です。
 しかし話し手は、それらを現在から眺めているような感じで話します。


 Have you ever been to Italy?
 (今までにイタリアに行ったことがありますか。)
 Yes, I have been to Italy.(はい、私はイタリアへ行ったことがあります。)

 上のように「~へ行ったことがあります」を表す場合は、「been」を使います。
 これは「行く」という意味の「go」の過去分詞「gone」を使うと、「行ってしまった」という意味になってしまうからです。


経験を表すのに「ever」、「never」「often」、「once」などが使われます。
 「ever」は訳しづらい場合もあるので、日本語には訳さないこともあります。


「~へ行って戻ってきた」という意味は、完了・結果の用法になりますが、この場合も「been」を使います。
 このように「been」には、2つの意味があります。

 I have been to Kyoto.
 (私は京都に行ったことがあります。/私は京都に行って来ました。)



現在完了形の3用法は次で解説をしています。
完了・結果(その1)

完了・結果(その2)

完了・結果(その3)

経験(その1)

経験(その2)

継続(その1)

継続(その2)








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます