英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>as … asの比較



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 as … asの比較

 これは2つの「as」を使います。そして「as」と「as」の間には、形容詞か副詞を置きます。
 この場合の形容詞と副詞は比較級ではなく、「原級」になります。
 原級とは、比較変化をする前のもともとの形のことです。
 そして優劣の意味ではなく、「~と同じだ」や「~と同じくらいだ」というように、程度が同じことを意味として表します。

asとasによる比較について asとasによる比較について


 It is as cold as yesterday.(昨日と同じくらい今日は寒いです。)
 She spoke English as well as the teacher did.
 (彼女は先生が話したのと同じくらい上手に英語を話しました。)
 She is as tall as he is.(彼女は彼と同じくらいの背の高さです。)
 I am as old as she is.(私は彼女と同じ年齢です。)


 上のように「as」の後の動詞は、前の動詞と同じ場合は「do」を使います。
 また、助動詞やbe動詞の場合は、それだけを使います。



 I have as many books as you.
 (私はあなたと同じくらいの本を持っています。)
 You have to eat as much vegetable as meat.
 (肉と同じくらいの野菜を食べないとならないですよ。)


 「as … as」の否定文は、「not」を前において「not as … as」にします。そうすると、意味は「~ほどではない」となります。

 This text is not as thick as that text.
 (このテキストはあのテキストほど厚くはありません。)
 I can't swim as well as John.
 (私はジョンほどうまく泳ぐことができません。)
 We don't read books as often as she does.
 (私達は彼女ほど本をよく読みません。)


口語では2つ目の「as」の後で、目的語を表す代名詞を使います。

 I am as old as her.


「you can」を続けて、「できるだけ~」という意味で使うことができます。

 Please send an email as quickly as you can.
 (できるだけ早くメールを送ってください。)
 He did as much as he could.(彼はできるかぎりのことをした。)


 また「you like」を続けると、「好きなだけ~」という意味になります。

 Take as much as you like.(あなたが好きなだけ取りなさい。)


否定語の後は、1つ目の「as」を「so」にかえた「so … as」も使われます。
 しかし「as … as」のほうが否定語の後でもよく使われます。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます