英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>after 接続詞



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 after 接続詞

 「after」は「~のあとに」という意味です。
 これも接続詞として使うので、その後は「主語+動詞」(節)を続けます。

 We went home after we saw the movie.(映画を見た後で家に帰りました。)
 I was very tired after I went shopping.
 (私は買い物に行った後でとても疲れた。)


文法的にこだわると、時間的な前後関係を表すために「過去からみた過去」という意味で、過去完了形を「after」の後に使うことになります。
 たとえば上の I was very tired after I went shopping. では、「after」以下が時間的に前の文の過去よりも、さらに過去の意味を表していますので、I was very tired after I had gone shopping. になります。

 これは「before」を使った場合でも同じことがいえます。しかし、「before」の意味は「after」と逆なので、過去完了形は「before」の後ではなく、もう一方の主節のほうで使うことになります。
 しかしながら、これは文法的にこだわった場合です。はっきりと時間の前後関係がわかる、「after」や「before」のような語を使う場合や、文脈からそれがわかる場合は特にそうしなくてもいいです。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます