英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>直接話法と間接話法 時制の一致



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 直接話法と間接話法 時制の一致

 時制の一致は、直接話法が間接話法になるときに生じることが多いです。
 直接話法とは、話したことをそのまま表すことを言います。
 たとえば「Ann」が「私はうれしいです。」というように、ある時点で話した場合は、次のようになります。

 Ann said, "I am happy."(アンは「私はうれしいです。」と言いました。)

 上の I am happy. は、「Ann」が自分で話した内容です。(「I」=「Ann」)
 このような文を直接話法といい、話した部分は「"」で囲みます。


 それに対して間接話法とは、話したことをそのまま表すのではなく、それを「他の人の側に立って」表すことをいいます。
 たとえば「John」が「私は面白かったです。」というようにある時点で話した場合、それを他の人が伝えるとすると次のようになります。

 John said he was interested.(ジョンは面白かったと言いました。)

 「he」は「John」のことです。他の人の側に立って伝えるので、「I」にはなりません。このような文を間接話法といいます。


 直接話法の Ann said, " I am happy."を、間接話法にする場合に時制の一致をしますが、その場合は「"I am happy."」の動詞である「am」を、「Ann said」の動詞の形「said」に合わせます。そうすると次のようになります。

 Ann said she was happy.

 間接話法にするので「"」を取ります。「"」の中は「Ann」が直接話した内容なので、動詞の形には変化を与えていませんでした。
 しかし、間接話法として他の人の側に立つ場合は、主節の動詞の影響を受けることになります。

 さらに、他の人の側からみた場合、「"」の中の「I」はおかしくなります。
 そこで「I」を「Ann」の代名詞として、「she」に変えます。


間接話法と直接話法の時制の一致について 間接話法と直接話法の時制の一致について



「Ann said」の「said」が、もともと現在を表す「say」の場合は、時の関係に変化がないことになります。
 その場合は、従属節の動詞の形もそのままで変わりません。

 Ann says she is happy.








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます