英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>somebody 代名詞



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 somebody 代名詞

 「somebody」または「someone」は、「誰か」や「ある人」という意味で「肯定文」で使います。
 否定文と疑問文では、「anybody」または「anyone」を使います。
これは「some」と「any」の場合と同じです。

 また「人」の意味ではなく、「物」に対しては肯定文で「something」を使い、否定文と疑問文で「anything」を使います。
 そしてこれらは全て、単数として扱います。

 There is somebody waiting for you.(誰かがあなたを待っていますよ。)
 There is something on the shelf.(棚の上に何かがありますよ。)
 I will play something on the violin.
 (ヴァイオリンで何か弾きましょう。)
 Is there anybody in the room?(部屋に誰かいますか。)

 単数として扱かわれるので、be動詞には「is」が使われています。
 次は否定文の例です。

 I haven't seen anybody.(私は誰にも会いませんでした。)
 I don't know anything about it.(私はそのことについて何も知りません。)

 「anybody」と「anything」を否定文で使うと、それぞれ「誰もいない」と「何もない」というように、全体を否定する意味になります。これも「any」と同じ使い方になります。


 また、「誰もいない」や「何もない」という意味では、否定語の「nobody」、「no one」、「nothing」があります。

 There was nobody in the room.(部屋には誰もいなかった。)
 I know nothing about it.(私はそのことについて何も知りません。)
 I have nothing to eat.(食べ物が何もありません。)


 「anybody」と「anything」は否定文と疑問文で使うのが普通ですが、もしも肯定文で使うと、それぞれ「誰でも」と「何でも」という意味になります。これも「any」と同じ使い方になります。

 Anybody can do it.(誰でもそれをすることができます。)
 You may take anything.(何でも持っていっていいですよ。)
 I will do anything.(何でもしましょう。)


 それから同じ「誰でも」という意味では、「every」を加えた「everybody」または「everyone」もあります。
 また物に対して「何でも」という意味では、「everything」もあります。
 これらはそれぞれ「誰でも」と「何でも」という意味から、複数扱いのように思えますがどちらも「単数」として扱います。

 Everybody loves music.(誰もが音楽を愛します。)
 Everything is all right.(全て順調です。)
 Everything is true.(全てが本当です。)

 単数として扱うので、動詞は上の3例とも単数にあわせた形になっています。


「no one」の「no」と「one」は離すのが普通です。

 また、「nothing」に「but」が続いた「nothing but」は、「~だけ」や「~をするだけ」という意味になります。(これは「only」と同じ意味です。)

 She wanted nothing but love.(彼女は愛だけがほしかった。)
 He is nothing but a child.(彼はただの子供だ。)
 She does nothing but read.(彼女は読書ばかりしています。)


「anything」に「but」が続いた「anything but」は、「決して~でない」や「~の他は何でも」という意味で使うことができます。
 次は「決して~でない」の例です。

 She is anything but polite.
 (彼女は決して礼儀正しくはありません。)
 He is anything but a gentleman.
 (彼は決して紳士とはいえません。)

 次は「~の他は何でも」の例です。

 We eat anything but beef.(私達は肉以外なら何でも食べます。)
 I can do anything but it.(それ以外は何でもできます。)








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます