英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>so 代名詞用法



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 soの代名詞用法

1.語句や節の代用としての「so」(代名詞的用法)
 「so」は前の文を表す代名詞として使うことができます。これは代名詞的用法になります。
 簡単にいうと、前に出ている文の繰り返しを避けて、代用として用いられる「so」です。

 Will it rain tomorrow?(明日は雨になりそうですね。)
 Yes, I think so.(そうですね、私もそう思います。)

 Do we have to cancel our plan?
 (私達は計画を中止しなければならないのですか。)
 Yes, the boss said so.(はい、上司がそう言いました。)

 上のように「so」は前に出ている節の代用をしています。


「so」が使われる動詞は、上のように「think」や「say」があります。
 また他にも「believe」、「guess」、「expect」、「speak」などがあります。
 しかし「know」には使われません。


2.So do I と So I do(「so+(助)動詞+主語」と「so+主語+(助)動詞」)
(1)So do I「so+(助)動詞+主語」
 「so」の次に助動詞または動詞を置いてから、主語を続ける用法では、主語に強勢が置かれます。
 そして「(主語)もそうです。」というような意味を表すようになります。
 She likes cats.
 (彼女はネコが好きです。)
 So do I.
 (私もそうです。)

 So do I. は上のように「私もそうです。」という意味になります。
 これを書き換えると、I like it too. と同じになります。


(2)So I do「so+主語+(助)動詞」
 「so」の次に主語を置いてから、助動詞または動詞を続ける用法では、(助)動詞の方に強勢が置かれます。
 そして「そのとおりです。」というように、相手に対しての同意を表します。
 また、時におどろきも含まれるようになります。
 It is hot today.
 (今日は暑いですね。)
 so it is.
 (そのとおりですね。)


「so」の副詞としての用法は次を参照してください。
 so と too(英文法の解説)








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます