英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>電話の応対(直示的用法)



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 電話の応対(直示的用法)

 直示的な指示代名詞の「this」や「that」は電話の応対で使うことができます。
 特に感覚的に距離が近い意味を持つ「this」がよく用いられます。
 そして自分の名前を言う場合や、相手を確認する場合に使います。

 Hello, is this John?(もしもし、ジョンですか。)
 Who is this, please?(どちら様ですか。)
 This is Ann.(私はアンです。)


 Hello, is this Mary?
 (もしもし、メアリーですか。)
 I'm sorry, you have the wrong number.
 (番号が違いますよ。)

 上の例のように this is の形で、電話応対で使うことができます。

電話応対で「どちら様ですか。」というときに、Who are you? とはいいません。
 次は相手を呼び出す場合の例です。
 Can I speak to Mr. Brown? This is Ann.
 (ブラウンさんをお願いします。私はアンです。)








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます