英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>指示代名詞(直示的用法)



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 指示代名詞(直示的用法)

 「this」、「that」、「these」、「those」の4つは、「指示代名詞」といいます。
 基本的な指示代名詞の意味は、ある状況において、直示的に物事を指すことです。
 この「直示的に物事を指す」とは、文中に一度出てきた語句を指すこととは異なり、現実に存在する物事を直接的に指すという意味です。

 直示的に物事を指すことができる代名詞は、「this」と「that」と、それらの複数形の「these」と「those」の4つだけです。

 「this」は「これは」、「that」は「あれは」という意味です。
 「this」は「距離的に近いもの」を表します。
 それに対して「that」は、「距離的に遠いもの」を表します。
 しかし、それらは実際の距離ではなく、話し手の感覚で決まります。

 また、「this」の複数形は「these」になります。そして「that」の複数形は「those」になります。

 a. This is my house.(これは私の家です。)
 b. That is my house.(あれは私の家です。)
 c. This is a good hotel.(これはみごとなホテルです。)
 d. This hotel is good.(このホテルはみごとです。)
 e. These are the wrong size.(これらはサイズが違っています。)

 上の例で「this」や「that」などが指しているのは、特に文中に一度出てきた物事を指しているわけではありません。
 これらの場合、話し手が直示的に物事を指しています。

This hotel is good. の「This」は、形容詞的に「hotel」を修飾しています。
 このように「this」や「that」には、単独での代名詞用法と形容詞的用法があります。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます