英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>be used to 慣れる



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 be used to 慣れる

 「be used to」の形は、「~に慣れている」という意味をあらわします。
 これは形容詞の「accustomed」と同じです。(「be used to」の「to」は前置詞なので、後ろには名詞や動名詞が続きます。)

 I'm used to driving.(私は運転に慣れています。)
 She is used to working in the office.
 (彼女はそのオフィスで働くことに慣れています。)


 「慣れる」という意味では「get used to」の形もあります。
 違いは「be used to」は「~に慣れている」というようにすでに慣れている状態をあらわしますが、「get used to」は不慣れだったものが「慣れる」というように「変化」を意味します。

 I'm used to driving.(私は運転に慣れています。)
 You will soon get used to driving.
 (あなたはすぐに運転に慣れるでしょう。)

 She is used to working in the office.
 (彼女はそのオフィスで働くことに慣れています。)
 She got used to working in the office.
 (彼女はそのオフィスで働くことに慣れました。)

 「be used to」または「get used to」の「to」の後には、「ing形」の動詞を続けます。


この場合の「to」の後は、「動名詞」といいます。
 また、進行形に使う動詞は同じ「ing形」でも「現在分詞」といいます。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます