英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>再帰代名詞



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 再帰代名詞

 「myself」は「私自身」という意味です。
 また「herself」は「彼女自身」という意味です。
 このように「~自身」という意味の代名詞もあります。
 この代名詞の作り方は、次のように所有を表す語句や、目的語として使う語句に対して、単数には「self」、複数には「selves」を語尾につけて作ります。

 I → myself(私自身)
 we → ourselves(私達自身)
 you → yourself(あなた自身)またはyourselves(あなた達自身)
 she → herself(彼女自身)
 he → himself(彼自身)
 they → themselves(彼ら自身)
 it → itself(それ自身)またはthemselves(それら自身)


 She is looking at herself in the mirror.
 (彼女は鏡で彼女自身を見ています。)
 I hurt myself.(私はけがをしました。)
 [hurt = けがをさせる(過去形と過去分詞は原形と同じ形です。)]


 再帰代名詞の前に「by」を置くと、「1人で」というように「alone」と同じ意味になります。

 I went to the theater by myself.(私は1人で映画を見に行きました。)
 I ate breakfast by myself.(私は1人で朝食をとりました。)


所有を表す「my」や、目的語として使う「him」の語尾に「self」がつきますが、もともとは全て目的語として使う語についていました。つまり「myself」はもともと「me self」でした。
 それが歴史的な流れから現在では「himself」と「themselves」が取り残されて、他は皆所有をあらわす語に「self」がつくようになっています。

 このような代名詞を「再帰代名詞」といいます。


talk to oneself は、「独り言をいう」という意味です。

 He was talking to himself.(彼は独り言をいっていた。)


「by」の代わりに「for」を置くと、「自分の力で」という意味になります。
 またこれには「自分のために」という意味も含まれます。

 Look into it for yourself.(自分で調べなさい。)








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます