英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習予定のbe going toと予測のwill Day6>willの用い方について 記述式練習問題の解説




 記述式練習問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。
問題文です

1. It is all right.
(それは大丈夫です。)

2. She gets a lot more than that.
(彼女はそれよりももっと多くを手に入れます。)

3. He does not talk to his son about it.
(彼はそのことについて息子に話しません。)

4. Do they do it?
(彼らはそれをしますか。)

5. Does she forgive us?
(彼女は私たちを許しますか。)


解答です

1. It will be all right.
(それは大丈夫でしょう。)

2. She will get a lot more than that.
(彼女はそれよりももっと多くを手に入れるでしょう。)

3. He will not talk to his son about it.
(彼はそのことについて息子に話さないでしょう。)

4. Will they do it?
(彼らはそれをするでしょうか。)

5. Will she forgive us?
(彼女は私たちを許すでしょうか。)


解説です

 willは、発話の時点で話し手が考えていることを表します。それはその場において、思いついたことなどを表す意味になります

 5問ともwillを使った文に書き換える問題です。willの文の作り方は、主語のあとにwillを続けるだけです。willは、主語によって形が変わるということはありません。
 このとき動詞は、willのあとに置きますが、その動詞は原形にします。つまり「s」や「ed」のつかない動詞です。

 また、否定形や疑問形にも注意してください。willの否定形は、willのあとにnotを続けます。willの疑問形は、willと主語の語順が逆になります。


問題1について
 主語はItですが、そのあとにwillを置きます。
 またwillのあとには動詞を続けますが、使われている動詞は、be動詞のisです。willに続ける動詞は原形ですので、isはbeになります。したがって、It will beとなります。

 例文は、「それは大丈夫です。」という確実的なことから、「それは大丈夫でしょう」というように、話し手の予測的なことを表しています。


問題2
 主語はSheですが、そのあとにwillを置きます。使われている動詞はgetsですが、その原形はgetです。これをwillのあとに続けます。したがって、She will getとなります。

 例文は、「彼女はそれよりももっと多くを手に入れます。」という確実的なことから、「彼女はそれよりももっと多くを手に入れるでしょう。」というように、その時点においての予測的なことを表しています。


問題3
 主語はHeですが、そのあとにwillを置きます。
 否定を表す文ですが、そこでwillのあとにnotを続けます。動詞はさらにそのあとに続けることになります。このときdoesは、willを使うために、必要がなくなります。したがって、He will not talkとなります。

 例文は、「彼はそのことについて息子に話しません。」という確実的なことから、「彼はそのことについて息子に話さないでしょう。」というように、話す時点においての話し手の予測を表しています。


問題4
 主語はtheyですが、そのあとにwillを使います。例文は疑問文なので、willが文頭に置かれます。したがって、Will they do it?となります。

 問題文は、Do they do it?ですが、疑問文にしない場合は、次のようになります。
 They do it.
 (彼らはそれをします。)
 これにwillを使うと次のようになります。
 They will do it.
 (彼らはそれをするでしょう。)
 ここからwillと主語を逆にして、疑問文を作ると次のようになります。
 Will they do it?
 (彼らはそれをするでしょうか。)


問題5
 主語はSheですが、そのあとにwillを使います。例文は疑問文なので、willが文頭に置かれます。したがて、Will she forgive us?となります。

 問題文はDoes she forgive us?ですが、疑問文にしない場合は、次のようになります。
 She forgives us.
 (彼女は私たちを許します。)
 これにwillを使うと次のようになります。
 She will forgive us.
 (彼女は私たちを許すでしょう。)

 forgivesの原形はforgiveです。forgiveには、「(人を)許す」という意味があります。
 ここからwillと主語を逆にして、疑問文を作ると次のようになります。
 Will she forgive us?
(彼女は私たちを許すでしょうか。)









Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます