英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
はじめに
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 基礎からの英語学習

英語喫茶基礎からの英語学習受動態 Day34>受動態の作り方について 記述式練習問題の解説




 記述式練習問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。
問題文です

1. ( cake, this, cook, was ) by my mother.
(このケーキは私の母によって作られました。)

2. ( is, know, it, that ) too much sun can cause skin cancer.
(日光にあたりすぎると、皮膚ガンを引き起こすことがあるのは知られている。)

3. ( praise, was, he, for ) saving her life.
(彼は彼女の命を救ったことで、受賞されました。)

4. ( is, smoking, permit, not ) on this flight.
(この便では喫煙は認められておりません。)

5. ( delay, were, we, by ) the heavy traffic.
(私たちは交通渋滞に巻き込まれたために遅れました。)


解答です

1. This cake was cooked by my mother.
(このケーキは私の母によって作られました。)

2. It is known that too much sun can cause skin cancer.
(日光にあたりすぎると、皮膚ガンを引き起こすことがあるのは知られている。)

3. He was praised for saving her life.
(彼は彼女の命を救ったことで、受賞されました。)

4. Smoking is not permitted on this flight.
(この便では喫煙は認められておりません。)

5. We were delayed by the heavy traffic.
(私たちは交通渋滞に巻き込まれたために遅れました。)


解説です

 受動態の文を作る問題です。( )の中の語句を並び替えて、文を作っていきます。
 受動態の基本的な形は、主語+be動詞+過去分詞です。これにあてはめていく形で、受動態の文を作っていきます。


問題1について
 問題文でby my motherはすでに置かれています。これは「私の母によって」という意味になります。
 日本語訳にあるように「ケーキが作られた」という文にします。受動態の主語はケーキにあてはまるcakeです。
 そのあとにはbe動詞が続きます。過去の表現になっていますので、wasが使われます。
 動詞はcookです。cookは「料理する」という意味がある動詞です。受動態で使いますので、過去分詞の形にします。そこでcookは、cookedになります。これらを主語、be動詞、過去分詞の順に並べていきますので、次のような解答になります。
 This cake was cooked by my mother.
 (このケーキは私の母によって作られました。)


問題2について
 問題文でtoo much sun can cause skin cancerはすでに置かれています。これで「多量の日光は皮膚がんの原因になりえる」という意味になります。
 causeは「~の原因となる」や「~を引き起こす」という意味の動詞です。
 skinは「皮膚」という意味の名詞です。cancerは「ガン」という意味の名詞です。

 ( )の中の語句を並び替えて、「それが知られている」という意味合いの文を作ります。この場合の主語はitになります。動詞のknowは「知っている」という意味の動詞ですが、これを過去分詞にします。するとknowは、knownになります。
 (knowの過去形はknewです。過去分詞はknownになります。)
 これらを並び替えて文を作ると、次のような解答になります。
 It is known that too much sun can cause skin cancer.
 (日光にあたりすぎると、皮膚ガンを引き起こすことがあるのは知られている。)

 主語のItは、that以下のtoo much sun can cause skin cancerのことを指しています。


問題3について
 問題文でsaving her lifeはすでに置かれています。これは「彼女の命を救う」という意味になります。
 savingはsaveのing形です。saveは「救う」という意味がある動詞です。

 ( )の中の語句を並び替えますが、praiseは「賞賛する」という意味の動詞です。賞賛されるのは「彼」ですので、heが受動態の主語となります。

 また動詞のpraiseは、過去分詞にしなければなりません。過去分詞はpraisedになります。すると、次のような解答になります。
 He was praised for saving her life.
 (彼は彼女の命を救ったことで、受賞されました。)


問題4について
 問題文でon this flightがすでに置かれています。これで「この便では」という意味になります。

 ( )の中の語句で、動詞はpermitです。permitは「許す」という意味の動詞です。
 過去分詞はpermittedになります。

 問題文は否定文で、意味として「許されない」ことが主語となりますが、それは「喫煙」のsmokingです。そこで次のような解答になります。
 Smoking is not permitted on this flight.
 (この便では喫煙は認められておりません。)


問題5について
 問題文でthe heavy trafficがすでに置かれています。これで「交通渋滞」という意味になります。 heavyは「重い」や「大量の」という意味の形容詞です。またtrafficは「交通」という意味の名詞です。

 ( )の中の語句で、動詞はdelayです。delayは「~を延期する」や「~を遅らせる」という意味の動詞です。過去分詞はdelayedになります。
 遅れたのは「私たち」ですから、weが主語になります。そこで次のような解答になります。
 We were delayed by the heavy traffic.
 (私たちは交通渋滞に巻き込まれたために遅れました。)









Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます