英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-英文法関係-
発展の1
発展の2
発展の3
発展の4
発展の5
発展の6
発展の7
発展の8
発展の9
発展の10
発展の11
発展の12
発展の13
発展の14
発展の15
発展の16
発展の17
発展の18
発展の19
発展の20
発展の21
発展の22
発展の23
発展の24
発展の25
発展の26
発展の27
発展の28
発展の29
発展の30
発展の31
発展の32
発展の33
発展の34
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 英文法の発展的学習

英語喫茶英文法の発展的学習>受動態の応用 発展の11




もう少しだけ踏み込んだ英語学習
英文法の発展的学習
11

受動態の応用


基礎からの英語学習-1項目目

疑問文の受動態


   疑問文の受動態の作り方についてふれていきます。
 たとえば、次の例を見てください。

 She taught me English.
 (彼女は私に英語を教えてくれた。)

 次はこれを受動態にした文です。
 I was taught English by her.(私は彼女から英語を教えられた。)

 この文を疑問文にするには、「be動詞」を文頭に持ってきて次のようにします。
 Was I taught English by her?(私は彼女から英語を教えられましたか。)


 「who」や「what」を使った疑問文の受動態は次のようになります。
 Who was taught English by her?
 (誰が彼女から英語を教わりましたか。)
 What was I taught by her?(私は何を彼女から教わりましたか。)






基礎からの英語学習-第2項目目

「by」以外の前置詞


   受動態で「by」以外の前置詞が使われる場合があります。この場合、過去分詞が形容詞的性質を強く持っていることが多いです。たとえば次の例を見てください。

 The mountain was covered with snow.
 (山は雪で覆われた。)

 上の例では「by」ではなく、「with」が使われています。


 人に対しては「by」を使うのが基本です。

 もう1つ次の文を見てください。
 ①She is known by us.
 ②She is known to us.

 これらの中で「彼女は私達から知られている。」という意味の文はどれでしょうか。
 正解は②です。①は「彼女は私達によって判断されます。」という意味になります。この場合の「by」は「判断する」という意味です。「知られている」という意味では、「known」に対して「to」を続けることが約束になっています。


 A man is known by the company he keeps. は、「人はそのつきあう仲間によって判断される。」ということわざです。

 We were surprised.「私達はおどろいた。」の「surprised」も形容詞的性質が強いです。形は過去分詞でも、ほぼ形容詞化した過去分詞です。
 We were surprised at his progress.(私達は彼の進歩に驚いた。)

 次も同様に形容詞として使われています。
 be satisfied with(~に満足しています)
 be disappointed at(~にがっかりした)
 be pleased with(~によろこぶ)






基礎からの英語学習-第3項目

進行形の受動態


   進行形の受動態は「being」を「be動詞」に続けます。そうすると、型は<主語+be動詞+being+過去分詞>になりますが、「be動詞」と過去分詞の間に「being」が入るだけです。たとえば次の例を見てください。

 He was writing a letter last night.
 (彼は昨夜手紙を書いていました。)

 上の例を受動態にすると、次のようになります。

 A letter was being written by him last night.
 (手紙は昨夜彼によって書かれていました。)






基礎からの英語学習-第4項目目

群動詞の受動態


   「群動詞」とはいくつかの語が集まって1つの動詞になるものをいいます。たとえば「look」は「見る」という意味の動詞ですが、前置詞「after」を続けた「look after」は「世話をする」という意味の動詞になります。また他にも次のような例があります。

 catch up with(~に追いつく)
 speak ill(well) of(~のことを悪く[良く]言う)
 make use of(~を利用する)
 take care of(~の世話をする)

 群動詞はそれ自体が1つの動詞なので、受動態にしてもそのままの語順を保ちます。
 たとえば、次の例を見てください。

 I look after your baby while you were out.
 (あなたがいない間、私はあなたの赤ちゃんをみます。)

 上の例は次のようになります。

 Your baby was looked after by me while you were out.
 (あなたがいない間、あなたの赤ちゃんは私によってみられました。)


 群動詞の語順はそのままなので、上の文のように「after」にさらに同じ前置詞である「by」が続いても、文としては正しいことになります。






英文法の発展的学習 練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。

基礎からの英語学習の発展的学習の記述式練習問題1
受動態の応用(その1)
問題数:5問


基礎からの英語学習の発展的学習の記述式練習問題2
受動態の応用(その2)
問題数:5問


 



基礎からの英語学習の発展的学習カット






<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます