英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-著書向け確認問題-
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
Day85
Day86
-英文法関係-
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 著書向け確認問題


英語喫茶基礎からの英語学習確認問題複合関係代名詞と複合関係副詞 Day83>複合関係代名詞について 選択式確認問題の解説




 選択式確認問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。

選択式1  複合関係代名詞について




解説です

 複合関係代名詞についての問題です。
 複合関係代名詞とは、関係代名詞の「who」や「which」、「what」の語尾に、「ever」がついた語をいいます。
 複合関係代名詞には、「先行詞」が含まれています。
 問題文には( )の中に日本語が示されていますが、それを参考に選択をしていきます。


問題1について
 解答は次のようになります。
 You may tell whoever wants to know about it.

 問題文で複合関係代名詞は、「whichever」、「whoever」、「whatever」が使われています。
 ( )の中には「誰でも」とありますが、そこから「whoever」が使われている文を選択します。

 You may tell whoever wants to know about it. で、「それについて知りたいと思っている人なら、誰にでも教えていいですよ。」という意味になります。

 You may tellで「あなたは教えて良い」という意味合いになります。
 次のwhoever wants to know about itで、「それについて知りたい人」という意味になりますが、ここでの「whoever」は、「それについて知りたいと思う誰でも」という意味を表しています。

 またこの「whoever」以下の文は、名詞節として使われています。


問題2について
 解答は次のようになります。
 Whoever it was, he was calling.

 ( )の中には「誰でも」とあります。上の問題と同じですが、そこから「whoever」が使われている文を選択します。
 Whoever it was, he was calling. で、「それが誰でも、彼は呼んでいました。」という意味になります。

 ここでWhoever it wasが「それが誰でも」という意味を表します。
 またこの「whoever」以下は、副詞節として使われています。


問題3について
 解答は次のようになります。
 Whoever you are I did not need your help.

 この問題も同様です。( )の中には「誰でも」とあることから、「whoever」が使われている文を選択します。
 Whoever you are I did not need your help. で、「あなたが誰でも、私はあなたの手助けを必要としなかった。」という意味になります。

 ここでのWhoever you areが、「あなたが誰でも」という意味を表します。
 またこの「whoever」以下も、副詞節として使われています。


問題4について
 解答は次のようになります。
 Whichever it was, he did live well.

 まず( )の中ですが、ここでは「どれでも」とあります。
 問題文の複合関係代名詞は、「whoever」、「whichever」、「whatever」が使われていますが、「どれでも」という意味から「whichever」が使われている文を選択していきます。
 Whichever it was, he did live well. で、「それがどれでも、彼は人生を楽しみました。」という意味になります。

 このwhichever it wasが、「それがどれでも」という意味を表します。
 この「whichever」以下は、副詞節として使われています。


問題5について
 解答は次のようになります。
 Whichever they decide, it isn't important.

 ( )の中には、ここでも「どれでも」とあります。上の問題と同じです。そこから「whichever」が使われている文を選択します。
 Whichever they decide, it isn't important. で、「彼らがどれを決定しても、それは重要ではありません。」という意味になります。
 ここでWhichever they decideが、「彼らがどれを決定しても」という意味を表します。

 この「whichever」以下も、副詞節として使われています。


問題6について
 解答は次のようになります。
 You can take whichever you like.

 ( )の中には「どれでも」とあります。これも上と同様の問題になります。
 そこから「whichever」が使われている文を選択していきます。
 You can take whichever you like. で、「あなたが好きなものをどれでも取っていっていいですよ。」という意味になります。

 ここでのwhichever you likeが「あなたが好きなものをどれでも」という意味を表しています。
 またこの「whichever」以下は、名詞節として使われています。


問題7について
 解答は次のようになります。
 Whatever you choose, you are guaranteed quality of service.

 ここで使われている複合関係代名詞は、「whoever」、「whatever」、「whichever」です。( )の中には「何でも」とあることから、「whatever」が使われている文を選択していきます。
 Whatever you choose, you are guaranteed quality of service. で、「あなたが何を選んでも、サービスの質は保証されます。」という意味になります。

 ここでのWhatever you chooseが「あなたが何を選んでも」という意味ですが、「whatever」は、「あなたが選ぶ何でも」という意味合いを表しています。

 またこの「whatever」以下は、副詞節として使われています。


問題8について
 解答は次のようになります。
 It's alright, whatever it is you can tell me.

 ( )の中には「何でも」とあります。これは上の問題と同じです。そこから「whatever」が使われている文を選択していきます。
 It's alright, whatever it is you can tell me. で、「それが何でもあなたは私に教えて大丈夫ですよ。」という意味になります。

 whatever it isが「それが何でも」という意味を表しています。


問題9について
 解答は次のようになります。
 You can do whatever you like.

 ( )の中には「何でも」とあります。上の問題と同様、ここでも「whatever」が使われている文を選択していきます。
 You can do whatever you like. で、「何でもあなたが好きなことをしていいですよ。」という意味になります。

 whatever you likeが「何でもあなたが好きなことを」という意味を表しています。
 









Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます