英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-著書向け確認問題-
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
Day85
Day86
-英文法関係-
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 著書向け確認問題


英語喫茶基礎からの英語学習確認問題時の接続詞while、until Day56>whileやuntilの使い方について 選択式確認問題の解説




 選択式確認問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。

選択式1  whileやuntilの使い方について




解説です
 接続詞の問題ですが、「while」と「until」の基本的な使い方になります。
 接続詞ですので、2つの後には「主語+動詞」の形が続きます。

 意味は「while」が「~をする間」、「until」が「~をするまで」という意味です。問題文では( )の中に日本語の指示がありますが、それを参考に選択をしていきます。


問題1について
 解答は次のようになります。
 While I was teaching in London, I completed a thesis for the degree of Ph.D.

 問題文では( )の中に「~をする間」とあります。そこで「while」を使っている文を見ていくことになります。
 ここで「while」を使っている文は、2つありますが、その中で「while」の後が「主語+動詞」の形になっているのは1つだけです。

 While I was teaching in London, I completed a thesis for the degree of Ph.D. で、「私がロンドンで教えていた間に、私は博士号の論文を完成させました。」という意味になります。


問題2について
 解答は次のようになります。
 I booked a room while I was there.

 ( )の中には「~をする間」とあります。そこから「while」を使っている文を見ていきます。
 「while」を使っている文は2つありますが、「while」の後で「主語+動詞」の形になっているのは1つだけです。
 2つの文の中で、while I thereとwhile I was thereでは、while I was thereが正しいことになります。

 I booked a room while I was there. で、「私はそこにいた間、部屋を予約しました。」という意味になります。

 「booked」は「book」の過去形です。「book」には名詞で「本」という意味がありますが、動詞で「~を予約する」という意味の動詞としての使い方もあります。


問題3について
 解答は次のようになります。
 I loved it while I was doing it.

 ここでも問題文の( )の中には、「~をする間」とあります。そこで「while」を使っている文を見ていきます。
 「while」を使っている文は2文あります。「while」の後ですが、while I was doing itとwhile I doing itがありますが、while I was doing itが正しいです。

 I loved it while I was doing it. で、「私はそれをしていた間、それが好きでした。」という意味になります。


問題4について
 解答は次のようになります。
 I'm to wait until I'm called.

 問題文で( )の中には「~をするまで」とあります。そこからここでは「until」を使っている文を見ていきます。
 「until」を使っている文は1つだけです。それはuntil I'm calledとありますが、「until」の後も「主語+動詞」の形になります。

 I'm to wait until I'm called. で、「私が呼ばれるまで、私は待つことになっています。」という意味になります。


問題5について
 解答は次のようになります。
 I didn't realize how worried I was until I stopped worrying.

 問題文の( )の中には、「~をするまで」とあります。そこから「until」を使っている文を見ていきますが、ここでは「until」を使っている文が2つあります。
 さらに「until」の後で、「主語+動詞」になっているのは1つだけです。until I worryingとuntil I stopped worryingでは、until I stopped worryingのほうを選択します。

 I didn't realize how worried I was until I stopped worrying. で、「私は心配することを止めるまで、私がどれだけ心配していたかを悟ることができなかった。」という意味になります。


問題6について
 解答は次のようになります。
 She often ate meat while she was in Australia.

 ( )の中には「~をする間」とあります。そこでこの場合は「while」を使っている文を見ていくことになります。
 「while」を使っている文は2つありますが、その中でwhile she in Australiaとwhile she was in Australia では、while she was in Australiaが正しいことになります。

 She often ate meat while she was in Australia. で、「彼女はオーストラリアにいる間、よく肉を食べました。」という意味になります。


問題7について
 解答は次のようになります。
 We'll put off launching a rocket until next month.

 問題文の( )には、「~をするまで」とあります。そこでここでは「until」を使っている文を見ていきます。
 ただ、この問題で注意することは、この「until」が接続詞ではなく「前置詞」として使われていることです。「until」の後ですが、next monthというように「主語+動詞」の形ではなくて、「名詞」が置かれています。
 このように「until」には接続詞の他に、後ろに名詞を置く前置詞の使い方もあります。

 We'll put off launching a rocket until next month. で、「来月までロケットの打ち上げを延期します。」という意味になります。

 put offで、「~を延期する」という意味で使うことができます。
 また「launching」は「launch」のing形ですが、「launch」は「~を始める」や「~を打ち上げる」という意味の動詞です。
 









Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます