英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
著書向け確認問題はこちら
-著書向け確認問題-
Day1
Day2
Day3
Day4
Day5
Day6
Day7
Day8
Day9
Day10
Day11
Day12
Day13
Day14
Day15
Day16
Day17
Day18
Day19
Day20
Day21
Day22
Day23
Day24
Day25
Day26
Day27
Day28
Day29
Day30
Day31
Day32
Day33
Day34
Day35
Day36
Day37
Day38
Day39
Day40
Day41
Day42
Day43
Day44
Day45
Day46
Day47
Day48
Day49
Day50
Day51
Day52
Day53
Day54
Day55
Day56
Day57
Day58
Day59
Day60
Day61
Day62
Day63
Day64
Day65
Day66
Day67
Day68
Day69
Day70
Day71
Day72
Day73
Day74
Day75
Day76
Day77
Day78
Day79
Day80
Day81
Day82
Day83
Day84
Day85
Day86
-英文法関係-
-英会話表現-
-学習の息抜などに-
-その他-

英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。



英語喫茶はスマホ等にも
対応しています。


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
~英語・英文法・英会話~





 英語喫茶のサイト内検索 著書向け確認問題


英語喫茶基礎からの英語学習確認問題受動態の応用 Day36>第4文型の受動態について 記述式問題の解説




 記述式練習問題の解説です。
 練習問題の解答後に参照してみてください。
問題文です

1. We sent her a doll.
(私たちは彼女に人形を送った。) (herを主語として)
( ) by us.

(彼女は人形を送ってもらった。)


2. We sent her a doll.
(私たちは彼女に人形を送った。) (a dollを主語にして)
( ) to her by us.

(人形は彼女に送られた。)


3. The association awarded her the first prize.
(協会は彼女に1等賞を与えた。) (herを主語として)
( ) by the association.

(協会から、彼女は1等賞を与えられた。)


4. The association awarded her the first prize.
(協会は彼女に1等賞を与えた。) (the first prizeを主語にして)
( ) to her by the association.

(協会から、1等賞が彼女に与えられた。)


5. She sold me the watch for three thousand yen.
(彼女は3千円で私に時計を売ってくれました。) (the watchを主語にして)
( ) to me for three thousand yen by her.

(時計は3千円で私に売られました。)


解答です

1. She was sent a doll by us.
(彼女は人形を送ってもらった。)

2. A doll was sent to her by us.
(人形は彼女に送られた。)

3. She was awarded the first prize by the association.
(協会から、彼女は1等賞を与えられた。)

4. The first prize was awarded to her by the association.
(協会から、1等賞が彼女に与えられた。)

5. The watch was sold to me for three thousand yen by her.
(時計は3千円で私に売られました。)


解説です

 第4文型と言われる文型について、受動態にする練習です。
 第4文型とは、主語+動詞+目的語1+目的語2、からできています。
 受動態にする場合、目的語1を主語にする場合と、目的語2を主語にする場合があります。問題文ではどの目的語を主語にするかを、( )の中で指示しています。


問題1について
 問題文でby usがすでに置かれています。
 主語にするのは( )の指示通り、herにします。このherは主語の位置に持っていくときにsheに変わることにも注意してください。

 問題文でsentはsendの過去形です。sendは「送る」という意味の動詞です。
 sendの過去分詞は、過去形と同じsentです。
 すると、次のような解答になります。
 She was sent a doll by us.
 (彼女は人形を送ってもらった。)

 主語Sheのあとに、be動詞を置きますが、過去の表現ですのでwasを置きます。それからsendの過去分詞sentを続けていきます。
 She was sentで「彼女は送られた」という意味になります。


問題2について
 問題文は問題1と同じです。しかし主語にする目的語が異なります。この場合はa dollを主語にして文を作っていきます。

 to her by usはすでに置かれています。これで「私たちによって、彼女に」という意味になります。文の作り方は同じですので、次のような解答になります。
 A doll was sent to her by us.
 (人形は彼女に送られた。)

 主語A dollのあとにはbe動詞を置きますが、過去の表現ですのでwasが置かれます。そのあとにsendの過去分詞sentが続きます。
 A doll was sentで「人形は送られた」という意味になります。


問題3について
 問題文でassociationは、「協会」という意味の名詞です。
 awardedは、awardの過去形です。awardは、「(賞)を与える」という意味の動詞です。またawardの過去分詞は、過去形と同じawardedです。
 prizeは「賞」とうい意味の名詞です。the first prizeで、「1等賞」という意味になります。

 by the associationがすでに置かれていますが、これで「協会から」という意味になります。
 ( )の指示ではherを主語としますので、ここから受動態を作っていきますが、herは主語として文頭に置かれるときに、sheに変わります。
 解答ですが、次のようになります。
 She was awarded the first prize by the association.
 (協会から、彼女は1等賞を与えられた。)

 主語Sheのあとにはbe動詞を置きますが、過去の表現ですのでwasを置きます。そしてawardの過去分詞awardedを続けます。
 She was awardedで、「彼女は与えられた」という意味になります。


問題4について
 問題文は、問題3と同じです。主語にする目的語が( )の指示で異なります。
 この場合はthe first prizeを主語にしていきます。

 to her by the associationがすでに置かれていますが、これで「協会から彼女に」という意味合いになります。
 解答ですが、次のようになります。
 The first prize was awarded to her by the association.
 (協会から、1等賞が彼女に与えられた。)

 主語The first prizeのあとにbe動詞を置きますが、過去の表現ですのでwasを置きます。そのあとにはawardの過去分詞awardedが続きます。
 The first prize was awardedで、「1等賞は与えられた」という意味になります。


問題5について
 問題文でsoldは、sellの過去形です。sellは「~を売る」という意味の動詞です。sellの過去分詞は、過去形と同じsoldです。

 to me for three thousand yen by herがすでに置かれていますが、これで「彼女によって、3千円で私に」という意味合いになります。

 ( )の指示ではthe watchを主語にします。the watchを主語として文頭に置き、be動詞、そして過去分詞を続けていきます。すると、次のような解答になります。
 The watch was sold to me for three thousand yen by her.
 (時計は3千円で私に売られました。)

 The watchのあとにbe動詞を置きますが、過去の表現ですのでwasを置きます。そのあとにはsellの過去分詞soldを続けます。
 The watch was soldで、「時計は売られた」という意味になります。









Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます