英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英語学習の豆知識>atとinの違いについて Z-1 前置詞について



 英語学習の豆知識


Z-1 前置詞について

e. atとinの違いについて

 

   ここでは前置詞atとinについて、特に場所を表す場合の基本的な意味の違いについて説明をする。

 atは狭い場所、つまりある一点を表し、inは広い場所を表すと言われる。しかしもっとわかりやすく説明した場合、atは「ある一点」ではあるが、その一点は話し手によって広くも狭くもなる。そこで日本語で表す場合は「~のところで」としたほうが理解しやすくなる。inは日本語で表す場合に「~の中で」としたほうが理解しやすいが、典型的なのは「ある容器の中」をイメージすることである。

(1)



(2)
a. She was at the station.
b. She was in the station.

 上において、相違はatとinだけであり、どちらも文として成り立っている。日本語訳は「彼女は駅にいました。」である。このとき(2a)は「駅」という地点を表している。それは「駅のところで」ということであり、意味的には駅構内を含めて、駅前などのそばも含まれる。
 それにたいして、(2b)は「駅の中で」ということになる。意味的には常に駅構内を表すが、このとき話し手は、「駅」を「ある容器」としてイメージしていることにもなる。

(3)
a. He arrived at San Francisco.
b. He arrived in San Francisco.

 上はどちらも「彼はサンフランシスコに到着しました。」という意味である。しかし意味的な相違がある。それは(3b)が広い感じを受けることである。(3a)のatは、「サンフランシスコというところで」という意味であり、「漠然とした地点」を表す。それにたいして(2b)のinは、「サンフランシスコの中で」というように、「街の中」を表すからである。

 このようにatとinには意味の相違があるが、用いられるのは話し手の心理による。場所を地図上の一点のように考えるのならばatが用いられ、ある場所に包まれるように考えるのならばinが用いられる。



メモ
 次はhouseとhomeに用いられる、atとinの関係である。

(4)
a. in the house
b. at home

 atとinは普通、上のように用いられる。houseは通常、建物としての家を表し、そこからその中を表すinを用いることができる。しかしhomeは同じ家の意味でも、生活の場としての家を表す。したがって通常は、atが用いられるのである。




参照
場所の前置詞(基礎からの英語学習Day38)









<英語学習の豆知識目次へ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます