英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英語学習の豆知識>過去時制と過去分詞の相違について K-3 過去時制と過去分詞について



 英語学習の豆知識


K-3 過去時制と過去分詞について

a. 過去時制と過去分詞の相違について

 

   過去時制と過去分詞は、形が同じなのが多いために、その区別には困る場合もある。過去時制の基本形は、動詞にedを加えることだが、過去分詞の基本形もedを加えるからである。しかし過去時制と過去分詞は別物である。
 過去時制とは、現在時制と同様に、いわゆる「動詞」として用いられるが、過去分詞については、「準動詞」として用いられる。この準動詞とは、過去分詞に加えて現在分詞における分詞・動名詞・不定詞の総称とされる。

 そして過去分詞とは、be動詞と共に受動態、haveと共に完了形として用いられる。また、他にも形容詞、分詞構文としても用いられる。

(1)
a. This cake was cooked by my mother.
(このケーキは私の母によって作られました。)

b. Mary has already bought a ticket for the concert.
(メアリーはすでにコンサートのチケットを買った。)

 (1a)は受動態で、(1b)は現在完了形だが、ここで使われるcookedとboughtは過去時制ではなく、過去分詞である。形は同じだが、用いられ方によってどちらかに区別できるといえる。上の例について、形式として簡単に表すと次のようになる。

(2)
a. 受動態
be+過去分詞

b. 現在完了形
have+過去分詞

 過去分詞は準動詞とされるが、上の場合においてbeとhaveは動詞ではなく、助動詞としての性質を持っている。









<英語学習の豆知識目次へ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます