72回のレッスンで英文法を、ストーリーで英会話表現をマスターします。解説内容は大学の先生方による協力で作成しています。
英語喫茶〜英語・英文法・英会話〜
スマートフォン英語喫茶
英語喫茶トップページ
英語喫茶サイトマップ
英語を英文法と英会話で楽しむ
Yahoo! JAPAN 英語喫茶はヤフーに掲載されています。
・2005.1.18 教育>学習指導>英語
・2005.2.28 社会科学>言語学>英語
−著書向け確認問題−
−参考説明−
−英文法関係−
−英会話表現−
−英語の時間的感覚−
−景勝探訪と学習の息抜−
−その他−

英語喫茶の内容は、北海道教育大学の先生方、函館大学の先生方等、大学の多数の先生方による協力により細部までチェックを入れて作成しております。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


本書は主に次の方々を対象に執筆しました。
1. 英会話のための必要英文法を学習したい。
2. はじめての英文法を学習したい。
3. 大人になってから英文法の学習を始めたい。

本書の特徴です。
レッスンは90回。
無理がない1日の学習量
ネットでレッスンの確認ができるアドレス掲載
必要最低限の英文法習得と発展の手助け

 本書は、アマゾンや版元ドットコムでもご購入いただけます。
 よろしければ下記をクリックしてください。
アマゾンで購入
版元ドットコムで購入


RSS1.0へ
RSS2.0へ
Atomへ


SINCE 2004.11. 1

Copyright(c) 英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜





 
英語学習の参考説明


− H−2. 補語について −
a. 補語とは何か
 

   補語(Complement)とは、主語または目的語の意味を、文字通り「補う」ものである。そしてこの補語がない場合は、通常文として成立しない。
 英語には5文型があるが、それを次に示す。

(1)
a. S + V (第1文型)
b. S + V + C (第2文型)
c. S + V + O (第3文型)
d. S + V + O + O (第4文型)
e. S + V + O + C (第5文型)

(S=主語(Subject)、V=動詞(Verb)、O=目的語(Object)、C=補語(Complement))

 (1)の中で、補語(C)のある第2文型と第5文型は補語を必要とする文型である。そしてこの補語のない場合には、文として成り立たない。
 では、補語とは、具体的にどのようなものだろうか。
 補語としては、主に形容詞と名詞がある。そしてこのとき用いられる動詞は、普通be動詞が多い。

(2)
a. Her sister was famous.
(彼女の姉は有名だった。)

b. John is honest.
(ジョンは正直だ。)

c. He became a teacher.
(彼は先生になった。)

d. The house is small.
(その家は狭いです。)

 (2)において、下線の部分が補語である。この場合、補語がないと不自然な文となることがわかる。

(3)
a. *Her sister was.
b. *John is.
c. *He became.
d. *The house is.

 またbe動詞以外では(2c)のようにbecomeを用いた例もある。また、次のような例もある。

(4)
a. What made you so angry?
(どうしてそんなに怒ったのですか。)

b. We elected the man mayor.
(私たちはその人を市長に選んだ。)

c. I found him a kind man.
(私は彼が親切な人だとわかった。)

 上においては、下線の部分が補語となるが、これらは第5文型に相当する。このとき補語は、目的語の性質について説明をしているのがわかる。それに対して(2)は、第2文型に相当するが、このときの補語は主語について説明をしている。
 このとき(2)のように、主語の性質を述べる補語を「主格補語」、目的語の性質を述べる補語を「目的格補語」という。

 以上が補語についてだが、文を意味の上から補い成立させるために必要な語である。また(1)の文型においてOとCで示しているように、補語はたとえ名詞であっても、目的語とは異なるものである。その理由の1つとして、(4b)と(4c)の補語は名詞であるが、受動態にする場合に、主語として置き換えることができない。



参照
英語の文のつくり(Advanced Study 1)
文型について(加筆修正回答)
自動詞と他動詞及び完全と不完全について(加筆修正回答)









<英語学習の参考説明目次へ>


Copyright(c) 英語喫茶〜英語・英文法・英会話〜 : サイト内の文章・図の無断掲載を禁じます