英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英語学習の豆知識>指示代名詞 thisとthatについて D-2 代名詞について



 英語学習の豆知識


D-2 代名詞について

c. 指示代名詞 thisとthatについて

 

   指示代名詞(demonstrative pronoun)とは、事物や人を直接指す代名詞のことをいう。英語にはthisとthatがあり、それぞれの複数形はtheseとthoseである。ここではこれらの指示代名詞について、その意味を説明する。

 thisは日本語で「これ」と訳されるように近くのものを指し、thatは「あれ」と訳されるように遠いものを指す。この場合の遠近は、話し手にとって時間的・空間的・心理的に近いか遠いかの違いである。

(1)
I like that car better than this one.
(これよりもあの車のほうが好きです。)

 英語ではthisとthatによる2段階ということになるが、日本語では「それ」が加わり、3段階になる。そして「これ」、「それ」、「あれ」の順に遠近を示すことになる。
 このとき、日本語の「これ」とは、「話し手から近いもの」を意味する。そして「それ」は「聞き手から近いもの」、「あれ」は「話し手と聞き手から遠いもの」を意味する。

 英語は2段階だが、日本語の「それ」はthisに相当し、「それ」と「あれ」の2つがthatに相当する。

(2)
英語   日本語
this → これ
that → それ、あれ

 (日本語の「それ」は、訳す関係から英語のitに相当すると考えられるかもしれないが、itは指示代名詞とは異なる。指示代名詞の基本は、ある状況において何かを指すまたは示すことである。)



メモ。
 電話をするとき、話し手にthis、聞き手にthatを用いる。

 Hello. This is Mary speaking. Is that Miss White?
(もしもし。こちらメアリーです。そちらはホワイトさんですか。)

 これはイギリス英語で用いられる。しかしアメリカ英語では、どちらもthisを用いる。









<英語学習の豆知識目次へ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます