英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英語学習の豆知識>使役動詞の意味について(その2:haveとlet) D-1 動詞について



 英語学習の豆知識


D-1 動詞について

j. 使役動詞の意味について(その2:haveとlet)

 

   「使役動詞の意味について(その1)」では、使役動詞makeとgetについて説明したが、ここでは使役動詞haveとletについて説明をしていく。

 まず、次はhaveの例である。

(1)
a. I had him write the letter.
(私は彼に手紙を書かせた。)

b. I'll have my secretary call him tomorrow.
(私は秘書に、明日彼に電話をかけさせます。)

 makeとgetの場合、相手に強制や嫌がっていても説得させるなどの意味があったが、haveにはそのような意味が感じられてこない。実はhaveには、一般的に生じさせられる関係の意味がある。つまり、それをさせることが当たり前と感じられる意味である。(1b)でも、話し手と秘書による職務上の関係となっている。秘書がそれをするのは当たり前なのである。

(2)
*I had my husband stop smoking.
(私は夫にタバコをやめさせた。)

 上の例の場合、不自然さが感じられるかもしれない。それはタバコをやめさせることが、当たり前にできることとは、あまり考えられないからである。この場合、強制のmakeや説得してさせるgetを用いた方が自然に感じられることになる。

(3)
a. He made her go.
b. He had her go.

 上はどちらも「彼は彼女を行かせた。」という意味である。しかし(3a)では、強制的に行かせたという意味があるのに対し、(3b)では当たり前のこととして「彼女に頼んで」行かせたという意味がある。


 さて、letの場合はどうであろうか。

(4)
a. Father let me drive his car.
(父は私が父の車を運転するのを許してくれた。)

b. John always lets Mary do as she likes.
(ジョンは、いつもメアリーに好きなようにさせる。)

 letには強制も説得の意味もない。letには「許可」の意味があるが、上の例にもそれが含まれている。それは生じることについて、「望み通り」させてやるという意味である。つまり、それについては「放っておく」という意味である。

(5)
a. He had her go.
b. He let her go.

 上も同様である。(5a)は前にも説明したように、彼女に頼んで行かせている。しかし(5b)では「放って」おいている。このとき彼女は行きたいと思っているのだが、彼はそれを望み通りにさせていることになる。


 以上だが、整理をすると次のようになる。

(6)
have …相手は嫌がらない
    当たり前としてさせること

let … 相手は嫌がらない(相手はそれを望む)
    放っておく



参照
使役動詞の意味について(その1)(加筆修正回答)
使役動詞(基礎からの英語学習Day71)









<英語学習の豆知識目次へ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます